今気になるサブスク!服のレンタルサービスとは?

ファッション

こんにちは、ochiです。

今日は、《今気になる!服のサブスクサービス》について紹介したいと思います!

サブスクとは?

最近よく耳にするようになった《サブスク》ですが、元々の意味はご存知ですか?

私も何となくで覚えていましたが、元々《サブスク》=《サブスクリプション(subscription)》の略で、元々は「会費」や「予約購入」などの意味になります。

しかしながら今の《サブスクサービス》は「定額制」や「月額課金制」という意味の方が合っているかなと思います。

私もいくつか利用していますが、例をあげるならファッション誌を読む為に「楽天マガジン」の定額制読み放題サービスを利用したり、音楽をよく聴くので「Apple Music」といったサブスクサービスを使っています。

そして今どんどん広がっているサブスクの幅。服やホテルにランチまで、その種類はどんどん増えています。

服のサブスクとは?

さまざまなサービスがある中でアパレルに勤める私が気になっているのが、やっぱり服•ファッションのサブスク!

服のサブスクとは、「月額で服をレンタルし、交換ができる」というのが一般的ですが、一概に同じサービスとは言えません。大きく分けると

  • 自分で好きな服を選んで借りる→MECHAKARI
  • プロがコーディネートしたものを借りる→EDIST. CLOSET、airCloset

その中でも特に気になった「MECHAKARI(メチャカリ)」というサブスクサービスについて調べてみました!

MECHAKARI(メチャカリ)

 MECHAKARIは「earth music&ecology」や「Te chichi」を経営している「株式会社ストライプインターナショナル」が運営するサブスクリプションサービスです。

簡単に言うと、《月額で服が借り放題になる》

今はいくつも服のレンタルサービスがありますが、色んなサイトと比べてみるとMECHAKARIは、《新品》で《安い》という点が他と違っていいなと思いました。

一つずつ説明しますと

レンタルなのに新品が着れる!

システム状どうしても中古品が多いレンタルサービスですが、ブランドの会社が経営しているからか、MECHAKARIの服は全て新品です。特に潔癖なタイプではありませんが、今の時期はコロナもありますし、新品は嬉しいですよね!

月額2980円(税抜き)から使えるので初心者さんにも◎

MECHAKARIのプランは、1度に借りられる枠数ごとに「2,980円」「5,800円」「9,800円」と3つのプランがあります。

他のレンタルサービスを見ていると、大体7,000〜10,000円ほどの月額料金で、もちろんそれぞれに良い点があります。

例えば、全てコーディネートされていたり、高めの値段のブランドもレンタルできる、枚数を多く借りられるなどです。

MECHAKARIはコーディネートが組まれたり、元々の単価も低い方かと思いますが、自分で服を選べるため、イメージと違うということも少なそうです。その中でひと月に何回でも交換できるので、サブスク初心者さんや、安く色んな服を着てみたい学生さんには良いなと思いました!


いかがでしたか?

今回は服のレンタルができるサブスクについて紹介してみました。

調べていると、ただ自分がお得だったり時短になって嬉しいだけでなく、SDGsの面でもレンタルをすることで服の生産が減ったり、大体のサブスクは使用した服を中古サービスで販売したりと、環境にも嬉しい仕組みになっていました。

皆さんも気になった方はぜひチェックしてみてください♪

アパレルで働く博多のアラサー。好きなものは推しと生クリームとTHAILAND。2023年の目標はタイに行くこと!

Instagramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション
Instagramをフォローする
FOR
タイトルとURLをコピーしました