寒い時のスイーツはコレ!《天然たいやき鳴門鯛焼本舗》

福岡グルメ

こんにちは!福岡のアパレルで働くochiです!

すっかり冬の寒さになってきた今日この頃。スイーツ好きの私としては《あったかスイーツ》が恋しくなってきました。

ということで、今日はあったかスイーツの定番《たいやき》を求めに、天神•新天町にある《天然たいやき鳴門鯛焼本舗》に行ってきました!

《鳴門鯛焼本舗》とは?

住所〒810-0001 福岡市中央区天神2-9-101
営業時間10:00〜23:00
定休日なし

 2017年に新天町にオープンした「天然鯛焼」のお店、《鳴門鯛焼本舗》

専用の焼き型で、一匹ずつ丁寧に焼き上げる「一丁焼き」という伝統的な製法で作るたいやき屋さんです。

鳴門鯛焼本舗は、大阪を中心に全国にお店がありますが、九州では福岡の《福岡天神店》と、北九州の《小倉魚町店》の2店のみ!

そのためか、オープンからしばらく経った今も、時間帯によっては行列もできる人気の鯛焼屋さん!

私もオープン当初から気になっていたものの、あまりの行列っぷりにしばらくは購入を諦めた思い出があります…。

最近ではスッと並ばずに買える時間帯もあるので、寒くなってきた今が美味しく食べるチャンスです!

メニューは?

メインの鯛焼のお味は

•十勝産あずき

•鳴門金時いも

•プレミアムカスタード

ちょっと珍しいラインナップかな?と思う3種類。季節によって限定の味が発売されることもあるそうです。

他には夏場に大人気な「アイスもなか」や、「わらび餅」も販売されていました。

お味は?

今回はこちら!

《鳴門金時いも》《プレミアムカスタード》を食べてみました〜!!!(あずきも好きですが、クリーム派きなので欲望のままの選出です…!)

鳴門金時いも 240円

たいやきを割ると、皮も混ざったお芋がみっちり詰まっているのが分かります!

たいやきの皮は薄く、外側はパリパリ、内側はふわふわ!今までよく食べてきた、厚く柔らかな生地感とは全く違い、これはこれで癖になる!

中身の「鳴門金時いも」ですが、芋のパサパサ感想が無くて、思わずクリーム?と思ったほどに食感がとってもクリーミー!!そして上品な甘さがパリパリの皮と合う…!私と同じようなクリーム好きの方にはぜひ一度試してほしいです♪

プレミアムカスタード 260円

そして大好きな《プレミアムカスタード》です!

こちらは割るとクリームがとろ〜り!

このプレミアムカスタードは最初は季節限定だったそうですが、レギュラー化していました!

しっぽまでクリームが詰まっていますが、優しい甘さのクリームなので食べやすい!クリーム好きはもちろん、甘すぎるのは苦手…という人にもオススメです!

イートインコーナー

手土産にもバッチリなたいやきですが、出来立てをすぐに食べたい!

たいやきを作っている場所の裏手にはイートインコーナーがありました。そこで買ったたいやきをゆっくり味わうことができますよ♪


いかがでしたか?

今回は、新天町にある人気の《天然たいやき鳴門鯛焼本舗》に行ってきました!

最初はお値段がちょっと高めに感じましたが、実際に食べてみると美味しいのはもちろん丁寧に作られているのが分かり、納得のお値段だと思いました。

出来立ては本当にアツアツで、この寒い時期には特にその美味しさが染みてオススメです!

アパレルで働く博多のアラサー。好きなものは推しと生クリームとTHAILAND。

Instagramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
福岡グルメ
Instagramをフォローする
FOR