手持ちのアイテムにプラスするだけ!使える《スカーフ活用術》

ファッション

皆さん、こんにちは!アパレル会社で働くmocchiです。

先日、こちらのブログで『簡単にできるスカーフの巻き方』をご紹介しました!

そして今回は、首に巻く以外の《スカーフの活用法》をご紹介したいと思います。

いつもとはちょっと違うスカーフの使い方で、新鮮であか抜けたスタイリングに早変わり!

ぜひ、取り入れてみて下さいね。

首に巻くだけじゃない!《スカーフの活用法》

活用①バックに巻いて

簡単で取り入れやすいのは、バックのアクセサリーとして活用する方法。シンプルなバックも、一瞬で華やかに♪

持ち手にそのまま結んだり、ぐるぐると巻いて持ち手の全体を覆っても◎

多少派手な柄でも、小物の一部としてなら取り入れやすいです。

スカーフは柄物がほとんどなので「顔周りに巻くには少し抵抗があるな…」というデザインは、このような活用法で取り入れてみてはいかがでしょうか!?

活用②腰回りに巻いて

シンプルコーデワントーンコーデの時におススメなのが、腰回りに巻いてアクセントを効かせる活用法。

大判のスカーフであれば、そのまま巻いて結べるので、ベルト感覚で使えちゃいます!

小さめなスカーフはベルトに巻き付けたり、ベルトループに直接結ぶなどし、腰回りのさりげないアクセサリーとしてコーデを彩ってくれますよ。

全体のバランスに気をつけながら、垂らすスカーフの量を調節してみてくださいね。

活用③ハットに巻いて

帽子の中でも、ハットなどのつばが円形についたと相性が良いスカーフ。

特に春夏に活躍する“麦わら帽”“パナマ帽”と組み合わせると、スカーフの光沢ある生地感がとても映えてくれます

大きく結び目を作ってガーリーに決めたり、生地を大胆に垂らしエレガントに決めても素敵です♪

ボタニカル柄などのスカーフをチョイスすれば、よりリゾートテイストのスタイルも楽しめますよ。


以上、“首に巻く”以外のスカーフの活用法についてご紹介しました。

スカーフは、上で紹介した物以外にもヘアバンドにしたり、腕に巻きブレスレット感覚で使ったりと、アレンジ方法が無限大のアイテムです。

同じスカーフでも巻き方や、結び目の位置で印象がガラリと変わるのも面白いですよね。

ぜひ、様々なアイテムと組み合わせて、自分だけのスカーフコーデを楽しんでみて下さい。

福岡県のとある田舎在住。
約2年間天神のセレクトショップで販売を経験。
メンズのアイテムを使ったユニセックスなコーディネートが好き。
趣味はホラー映画鑑賞とゲームに漫画。

Instagramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション
Instagramをフォローする
FOR
タイトルとURLをコピーしました