素材・形色々あるけど…結局どのマスクを選べばいいの??

その他

こんにちは!アパレル会社で働くmocchiです。

今や、年中手放せなくなったマスク。数年前からすると、考えられないほど多くの素材・形のマスクが流通しています。

そこで出てくるのが「どのマスクを選んでいいか分からない…。」という悩み。

今回は、素材別・形別による特徴の違い。そして最後に、皆さんにオススメしたい一押しのマスクをご紹介したいと思います!

ぜひ、これからのマスク選びの参考にしてください。

素材による違い

不織布マスク

ある程度の通気性の良さを持ちながら、ウイルスや花粉などの細かい粒子の侵入を防いでくれる“フィルター機能”を兼ね備えている「不織布」。

コロナ対策を目的とするならば、やはり一番効果が期待できるのは、この素材を使った 「不織布マスク」です。

不織布マスクを着用していれば、空中に浮遊している飛沫の吸い込み量を、約三分の一に抑えられるとも言われています。

学校や電車などの人が集まる場所、接客業などで人同士の密着が避けられない現場に行かなければならない場合は、 なるべく不織布マスクをするように心掛けたいですね。

ポリウレタンマスク

非常に息がしやすい「ポリウレタンマスク」。伸縮性があり、しっかりと密着してくれるので、使い心地はとても快適です。

しかし実はこのマスク、不織布マスクの二倍もの多くの飛沫を吸い込んでしまうというデ―タが出ており、感染症予防には正直向いていないマスクなんです。

確かに、私の買ったポリウレタンマスクを見てみると「花粉99%ガード」とは記載してありますが「ウイルスカット」とは、記載してないのです。呼吸がとてもしやすい代わりに、その分粒子の細かいウイルスが入ってきてしまうんですね。

人が周りにおらず、換気がよく行き届いている場所だけで使用するなど、上手に使いこなしていきたいですね。

布マスク

小学生の時の給食当番以来、付けることがめっきり減った布マスクでしたが、このコロナ禍で手作りマスクが増え、目にする機会が多くなりました。

繰り返しになりますが、コロナ対策を目的とするならば「不織布マスク」がおススメですが、化学繊維を使った不織布ではどうしても肌が荒れてしまう場合があります。

「肌へのやさしさ」という点だけで考えた場合は、通気性が良く、肌に刺激を与えにくい綿やガーゼで作られた布マスクが優れているといえるでしょう。

しかしながら、不織布マスクに比べると、吐き出し飛沫量&吸い込み飛沫量は、共に高くなると言われていますから、こちらも賢く使いこなしていきたいですね。

形による違い

プリーツ型マスク

不織布タイプのマスクの中で、最もよく見る形がこの「 プリーツ型 」。どの場所でも売っていて、比較的安価なので、一番手に入れやすいと言えます。

プリーツを広げることで、サイズを調整できたり、マスクしたまま話してもずれにくいというメリットがありますが、マスクと口の間には、わずかな隙間しかできないので、お化粧がついてしまったり、呼吸がしずらいというデメリットがあります。

立体型マスク

様々な素材で販売されている「立体型マスク」。息のしやすさは、個人的に一番この形が着けていて、快適だなと感じています。

プリーツ型と比べると、手に入りやすさは若干劣りますが、最近ではどのスーパーでも、だいたい見かけるようになってきました。

そして立体型の中でも、数か月前から徐々に見る機会が増えた「KF94マスク 」。上下左右の隙間をなくしつつ、鼻と口がある部分は大きく空間が空いています。

私も先日、実際に買って初めてしてみたのですが、確かにとっても呼吸がしやすい!!ただ、少し大きいサイズを買ってしまったのか、見た目がアヒルの口ばしの様になりました(笑)。

こちらの形のマスクは都市部の薬局・大手スーパーなどでは見かけますが、地元のスーパーではあまり見かけたことがないので、気軽に手に入る様になるまでには、少し時間がかかるかもしれません。

一番のおススメは『不織布×立体型マスク』

色々な素材・形のマスクを試しましたが、私がおススメしたいのは感染症予防&呼吸の快適さも叶う『不織布×立体型マスク 』です。

中でも、最近の推しマスクが《ISDG SPUN MASK 立体型》

《ISDG SPUN MASK 立体型7枚入り 》 ¥399円 (税込)

不織布を使った3層種構造でコロナ対策はバッチリ。立体形状なのでプリーツ型のマスクと比べると非常に息がしやすいのです。

接客業という仕事柄、人と会話する機会が多いのですがマスクのズレもあまり気になりません。

それからこのマスク、アパレルで働く身として嬉しいのが、見た目がすごくスタイリッシュでオシャレ!! 表の不織布は、布のような光沢の出る加工がされていて、ファッション性が凄く高いんです♪

お値段は私が通うスーパーでは、7枚で¥399円と正直安くない価格ですが、このクオリティであれば納得のいくお値段です。

こちらのマスクは、同じ地域のスーパーでも売っている所があったり無かったりとまちまちです。ネットショッピングサイトでも取り扱いがありましたが、価格が少し高め…。なので私は、スーパーで見つけた際、即買いしています!


というわけで、 素材ではウイルスなどの細かい粒子の侵入を防いでくれる「不織布」。カタチでは呼吸が快適な「立体型」が良く、その2つを組み合わせたマスクが、個人的に一番のおススメです。

機能性以外にも、付け心地にも目も向けるとストレスを感じることなく、マスク生活を送る事ができます。

みなさんもこれをきっかけに、今付けているマスクを少しだけ見直してみてはいかがでしょうか?

福岡県のとある田舎在住。
約2年間天神のセレクトショップで販売を経験。
メンズのアイテムを使ったユニセックスなコーディネートが好き。
趣味はホラー映画鑑賞とゲームに漫画。

Instagramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
Instagramをフォローする
FOR
タイトルとURLをコピーしました