福岡から2時間!癒しの『湯布院女子旅』②お宿「有楽(うらく)」

お出かけスポット

昨日のブログでは【大分•湯布院】でのマストなお食事処「たけお」について紹介しましたが、

今回はお宿です。

お宿を探すときの条件として、

①チェックインは15:00

②レイトチェックアウト

③部屋にお風呂は必須(大きなお風呂にも入るけど)

④どれだけでもお部屋でまったり → 気がつきゃ寝てる

そんなタイプの私。

その中でも、今日は『こんなに至れり尽くせりのお宿はあるのかっ⁉︎』と感動した「お宿 有楽」をご紹介します。

「お宿 有楽(うらく)」

住所大分県由布市湯布院町川上2868-5

「お宿 有楽」のお部屋は、母屋に7室と離れ3室の全10室。

お客さんのプライベート空間を大事にされているお宿です。

旅行 = 現実逃避 という考えの私は、もちろん離れのお部屋一択です。

離れのお部屋「つばき」

今回案内された離れのお部屋は「つばき」

さぁ、探検の始まりです!

思わず「ただいま〜」と言いたくなる装い。

お部屋に入ると、プライベート空間を大事にされているため、和室が二間続きのお部屋には最初からお布団の用意がされていました。

いつでもdiveできますね♪

くつろげる居間には、掘りごたつ式のテーブルとテレビ。

映るのは韓流ドラマ。

どこにいても観るドラマは同じ…。(笑)

内風呂•専用露天風呂•大浴場

お部屋にはコンパクトな内風呂と、専用の半露天風呂付き!

こちらはリニューアルされ、檜板に囲まれた石風呂が特徴の「内風呂」

「半露天風呂」は2人は余裕で入れる広さ。

ちょっと熱めの湯加減で目が覚めます(OωO)

そして、離れの目の前にある「大浴場」へももちろん行ってきました!

15時にチェックインしたおかげか、先客もなく本当に貸切状態。温泉も湯浴び放題です!

「有楽」の温泉は刺激も少なく、お湯にクセもなく、湯ざわりもなめらか。

疲労回復、癒し効果、美肌の湯。 さすが湯布院です!

と、思っていたら…、先客がいらっしゃいました。

カエル先輩です。

自然ならではですね。

挨拶も済ませひとり青空の下、温泉を満喫しました。

夕食

温泉も楽しんで、まったりした後に残されている楽しみといえば。

そう、夕食です!

お魚も!お肉も!

欲張りたい私のために用意されたのかと錯覚してしまうほどの豪華なラインアップです。

一皿ずつ丁寧に盛り付けられた温かいお料理を運んでくださる、笑顔の絶えない素敵な仲居さん。

『私、後期高齢者なんですよ〜』

その一言はかなり衝撃的! お若い!!

人生の先輩方のように、いつまでも若々しくありたい!

切に願うひと時でした。

「ごはんもりもり食べてもらえて嬉しいです〜」

ご飯おかわりのおひつをお持ちしてくれた際にお褒めのお言葉をいただき、調子に乗って食べすぎた夕食でした。

朝食

不思議ですね。人間って。

目が覚め、寝起きの温泉をいただいた後にはきちんと空腹が訪れるんですね♪(爆)

昨夜と同じ、素敵な仲居さんが朝食を運んでくださいました。

もちろん、食べきれないほどご飯が入ったおひつと一緒に。(笑)

料理長や、仲居さんの期待は裏切れません。

炊き立てご飯3杯半。食べ切りました( ̄^ ̄)エッヘン

最高のお風呂と、大満足のお食事。

幸せすぎて帰りたくない…!!


しかしそろそろ、お宿とのお別れの時間です。

そういえば、チェックインはお部屋で…だったのでこれ迄フロントに行ってませんでした。

帰る前に最後の探検です♪

本当にプライベート空間を大事にされているんでしょう。

駐車場にはたくさんの車が停まっているので宿泊客は私たちだけではないと分かってはいましたが、他に宿泊されている方とはこのチェックアウトのタイミングでしかお会いすることはありませんでした。

由布院駅からは徒歩で約7分。

湯の坪街道まで徒歩で約10分。金鱗湖まで徒歩で約16分。

湯布院観光にもとても便利なお宿です。

ぜひ連休や週末のお休みに、疲れを癒しに行かれてみてはいかがでしょうか。

FOR(フォー)は福岡のアパレル店員がお届けする情報発信ブログ。ファッションや福岡グルメ、オススメスポットなどワクワクする情報をお届けします!
InstagramとTikTokも更新中!
※ 記事の内容は取材時点での情報です。

Instagramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出かけスポット
Instagramをフォローする
FOR